記事一覧
そもそもどうして花粉症になるとかゆくなるのか?メカニズムを解説!

花粉症を発症すると目がかゆくなることがあります。これはスギやヒノキ、ブタクサといったアレルゲンが体内に侵入した時、体内にある免疫機能が働くこ...

2020年06月15日
発症してしまった花粉症にはザイザルで対抗する

季節性のアレルギーの場合、花粉というアレルゲンがわかっているので、自分でも対策を講じることができます。ですが、症状の重さや程度というのはその...

2020年05月21日
つらい花粉症を予防するためにアレグラを使うべき理由

花粉症になると目のかゆみや鼻水、くしゃみといったことが起こり、しかも症状の程度が毎年違うことから、花粉が飛散する時期になると憂鬱になることも...

2020年05月05日
自分でできる季節性アレルギー性結膜炎の原因となる花粉の対策方法

季節性アレルギー性結膜炎は、花粉が原因のアレルゲンが体内物質であるヒスタミンを分泌させ、放出させるために起きています。季節性アレルギー性結膜炎など花粉症の症状ができるだけでないようにするには、ヒスタミンが分泌、放出させないようにすることが大切になってくるのです。自分でもできる対策としては、できるだけ...

2020年04月16日
アレルギー性だけじゃない!結膜炎の種類と症状

結膜炎と聞くとアレルギーが関係しているのではないか、と感じますが、実はアレルギー性のものよりもエンテロウイルスなど様々なことが要因で起こる結膜炎も大変多いです。感染性の結膜炎の場合、ウィルス性結膜炎と細菌性結膜炎があります。ウィルス性結膜炎はアデノウィルスが原因となることが多く、アデノウィルスはアデ...

2020年03月28日
パタノールと同じ効果がある点眼液まとめ

目のかゆみや充血、ゴロゴロとした感じがある場合、花粉が飛散する時期であれば季節性のアレルギー性結膜炎の可能性があり、季節に関係なく起こる場合は通年性アレルギー性結膜炎の可能性があります。アレルギー性結膜炎の場合、主に4つの治療と改善法があります。まずは自分で注意することとして花粉を寄せ付けないこと、...

2020年03月09日
パタノール点眼液のジェネリック医薬品IF2点眼液0.1%を購入する方法

アレルギー性結膜炎の治療としてパタノール点眼液が使用されます。パタノール点眼液はオロパタジン塩酸塩が成分となっており、オロパタジン塩酸塩は内服薬であればアレロックです。パタノール点眼液もアレロックと同じような作用をし、副腎皮質ホルモンよりは効果が少ないのですが、目のかゆみはもちろんのこと充血や涙目に...

2020年02月26日