花粉の瓶

花粉症は季節性のアレルギー症状で、毎年花粉の飛散時期に目のかゆみや鼻水といった症状を引き起こしています。目にかゆみなどが起こる症状はアレルギー性結膜炎と呼び、アレルギー性結膜炎の場合、主に抗ヒスタミン薬が配合されたパタノール点眼液を使用して症状を緩和していきます。

アレルギー性結膜炎で使用されることが多いパタノール点眼液はオロパタジン塩酸塩が主成分の薬です。オロパタジン塩酸塩であるパタノールは無色の目薬で水色のキャップが目印になっています。オロパタジン塩酸塩は、ヒスタミンがH1受容体と結合するのを防ぐ作用があり、ヒスタミンの産生や放出を防ぐので、アレルギーによる目のかゆみに効果があるのです。

パタノール点眼液の主成分であるオロパタジン塩酸塩は、第二世代抗ヒスタミン薬の一つで、同じ成分を持つ内服薬にアレロックがあります。第二世代抗ヒスタミン薬の特徴として、アレルギー性の疾患に予防効果があり、花粉飛散時期前に使用を開始することで、アレルギー性結膜炎の症状を軽減し、仮に花粉症の症状が起きてしまってもその症状が重くならずにすみます。季節性だけでなく通年性と呼ばれる、ダニやほこりが原因のアレルギーにも効果があり、目のかゆみに良く使用される薬でもあります。

そしてパタノール点眼液は比較的即効性があり、速やかに目のかゆみを軽減していきます。そもそも点眼液は目に直接薬を入れるので、即効性があるのですが、パタノール点眼液の場合さらにその力が強い傾向があります。

予防効果が高いため花粉が飛散する前から使用を継続していきますが、点眼するタイミングがあり、花粉が飛散を開始する1週間前には遅くても点眼を開始したほうが良いです。点眼は1日4回と回数は多いのですが、継続してさすことによって、目のかゆみが治まっていき、目やにもでにくくすることができます。

なお、パタノール点眼液には防腐剤が入っているので、ソフトコンタクトレンズをつけたまま点眼をすることはできません。朝昼夕方と就寝前につける必要があり、その都度コンタクトレンズを外さなくてはならないため不便に感じることもあります。ですので、花粉症の時期でパタノール点眼液を使用している場合は、ソフトコンタクトレンズの装着を控えたほうが良いでしょう。

そして花粉症の薬を使用していなくても、目にかゆみが起きている場合、無意識で目をこすっている可能性も高く自分が思っている以上に目が傷ついている可能性が高いです。ソフトコンタクトレンズはピタッと貼りつくため包帯のような効果もあり痛みや異物感が良くなった感じがするのですが、実際には全く治っておらず逆に症状がひどくなっていることが多いです。花粉症の時期は花粉という異物が、目の表面につきやすいので、目薬をしようしていなくてもコンタクトレンズの装着は控えるようにします。

アレルギー性結膜炎は、アレルゲンによって引き起こされますが、飛散量が多ければ多いほど症状も感じやすくなり、治りも遅くなります。ですので、抗ヒスタミン薬などを使用しながら、自分でもアレルゲンに触れないように工夫した生活を送る必要があるのです。外出時には眼鏡をつけて、異物の侵入を防ぐということや帰宅後は洗顔と手洗いをして家のなかに持ち込まないということは、症状をこれ以上重くさせないためにも必要なこととなります。

必要に応じて洗眼剤や人工涙液を使用しても良いでしょう。洗眼剤は目がスッキリとするので、何度も行いたくなりますがあまり行うと逆に目に負担がかかるので、1日3回程度にとどめてください。人工涙液は、目乾燥したり、ゴロゴロとするときに効果があります。